シャンプー おすすめ

正しいシャンプーの選び方とは?

世の中には、本当に多くのシャンプーが販売されています。 
定期的に新しいシャンプーが販売されているので消費者としても正しいシャンプーを選択するのは難しい事です。
しかし、シャンプーの成分や間違ったシャンプー選びによってヘアトラブルを抱えている人が実に多いのです。
このサイトでは、正しいシャンプー選びとシャンプーの基礎についてわかりやく解説していこうと思います。

 

シャンプーを選ぶ上でこのサイトがお役にたてば幸いです。

 

 

ヘアケア

 

 

 

知っておこうシャンプーの成分の事 <シリコンについて>

 

 

まずは、シャンプーに従来含まれてきたシリコンという成分について解説していきたいと思います。

 

これまで、シリコンはシャンプーに使われてきました。
シリコンは髪の毛に被膜をはって、スタイルリングをしやすくしたり摩擦によるダメージを減らすのに有効です。

 

 

このシリコンは、頭皮のケアに詰まるなどの説が流れて急速にノンシリコンのシャンプーが増えました。

 

実は、このシリコンの安全性については諸説あって専門家でも意見がわかれている様です。

 

 

 

シリコン入りシャンプーは危険?

 

 

シリコンシャンプーイメージ

 

 

 

 

 

 

よく調べていくとシリコン入りだから危険と単純には言えない様です。

 

 

真偽は別として

 

 

ノンシリコンが良いシャンプーだという風潮になってからは、ノンシリコンのシャンプーを

 

選ぶ基準の一番のポイントとされている人が多い様です。

 

 

 

私の場合は、安全なシャンプーを選ぶとその多くがノンシリコンである事多いので

 

偶然、ノンシリコンシャンプーを使っている事が多いのです。

 

 

但し、ノンシリコンも使いすぎると他のヘアケア成分を妨げたり肌トラブルになる可能性も

 

ありますので、出来れば避けて通りたい成分ではあります。

 

 

 

 

界面活性剤の種類について

 

 

シャンプー選びで、シリコンの次に重視されるのが「界面活性剤」です。

 

界面活性剤には、以下の種類が存在します。

 

もちろん、あくまで一般論で全てのシャンプーにあてはまるものではありませんが

 

傾向を覚えておくと、ご自身の頭皮に合わせてシャンプーを選びやすくなります。

 

 

 

  高級アルコール系 アミノ酸系 石鹸系
説明

市販のシャンプーに多く使われている界面活性剤です。
泡立ちが良い事が特徴です。
石油系のものは、

 

頭皮に残ると刺激になる。

 

また、肌の弱い人は負担になりやすい。

 

 

最近、販売されているナチュラル系のシャンプーに多いのが
このアミノ酸系のシャンプー
です。

 

頭皮の負担も少ない

汚れはしっかりと落ちる一方で

 

パサついたり髪の毛が

 

キシンだりするので女性は不向

 

きです。

洗浄力と刺激 洗浄力は強いが刺激も強い 洗浄力は若干弱いが刺激は少ない 刺激は弱い。洗浄力は高い
向いている方

オイリー肌の人向き
反対に、洗い過ぎは
肌の必要な皮脂を
取り除いてしまうので注意。

 

 

頭皮が弱い人やヘアトラブルを抱えている人向きのシャンプー
です。

オイリー肌の人向き

 

 

 

 

 

 

 

界面活性剤イメージ

 

 

 

 

シャンプーは育毛効果はあるのか?

現在、世の中には多くの育毛シャンプーが出回っていますが、果たして育毛には効果があるのでしょうか?

 

答えは、YESともNOとも言えます。

 

 

まず、ハッキリしておかなければいけないのは、育毛シャンプーのいう商品があっていかにも、そのシャンプーを使うと

 

薄毛に効果が期待できそうですが、実際にシャンプー自体には直接的な育毛効果はありません。

 

 

シャンプーと育毛

 

 

 

育毛シャンプーは髪の毛を生やすは嘘か?

 

 

 

薄毛には生活習慣やホルモンバランスなど多くの原因がありますが、それらの原因で脱毛や薄毛になった髪を

 

生えさせる程の力はシャンプーにはないのですね。

 

 

しかしながら、YESでもあると答えた理由として、使用しているシャンプーが原因で脱毛を招いているケースも多いのです。

 

そういった場合には、シャンプーを変える事により、頭皮環境が改善されて発毛する可能性が否定できないわけです。

 

 

 

 

実際に、シャンプーの洗浄力が強すぎて頭皮環境が悪化したり、または、シャンプーに含まれる防腐剤やその他添加物に

 

よって脱毛を引き起こしている事はあるのです。

 

 

 

シャンプー選びは、髪の毛の将来を左右するファクター(要因)です

 

 

シャンプーの洗浄力と同様に、洗髪のし過ぎにより頭皮トラブルも増えている事ですので注意です。

 

皮脂膜が頭皮には存在して、皮膚を乾燥などから保護しているのですが、洗浄力が強すぎるまたは

 

洗い過ぎは、これを取り除いてしまうので、洗い過ぎると乾燥によりフケが多くなります。

 

 

また、皮脂がなくなった事を察知した脳は足りない皮脂を補う為に、更に皮脂を多く分泌させるので

 

結果的にオイリーな頭皮に傾く事もあります。

 

 

 

これらは、頭皮環境の悪化を意味しますので、脱毛してしまう事態まで発展する事もあります。

 

ですので、正しいシャンプー選びは育毛効果というよりは将来的な脱毛・薄毛対策になりますので

 

拘った方が良いのは間違いないと思います。

 

 

 

 

正しいシャンプーの仕方

ここまで正しいシャンプーの選ぶ方について書いてきましたが、実はシャンプーは

 

正しく選んで、正し方法でする事ができて初めて機能するのです。

 

「シャンプーのやり方何ってわかっているよ?」 と多くの人は思っているのですが多くの人が間違ったやり方をしています。

 

 

シャンプーのやり方

 

 

 

 

シャンプーは、 頭皮をメインに洗うものです。

 

 

 

シャンプーに関する一番の誤解は、シャンプーは髪の毛を洗うものだと考えている人がいる事です。

 

事実、そういう人は髪の毛をゴシゴシ洗うので、髪の毛を痛めています。

 

実は、シャンプーとは頭皮をメインに洗うものです。

 

 

もっと正確にいうと、頭皮の脂汚れを落とす為にするものですね。

 

ですので、頭皮をメインに洗って髪の毛はついでくらいの気持ちが本来は丁度良いのです。

 

 

 

シャンプーで洗い過ぎは要注意

 

 

 

 

しかしながら、頭皮も髪の毛も丁寧に洗っていると時間がかかり

 

結果、洗い過ぎによって支障をきたしてきます。

 

 

事実、女性ではシャンプーによる洗い過ぎによって脱毛・薄毛になっている人がいる様です。

 

洗い過ぎは、乾燥やフケを招き、それが気持ち悪いのでさらに洗うので負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

 

シャンプーで気をつけておきたい知識の一つです。

 

 

シャンプーはしっつかりと洗い流すのが重要

 

 

 

それから、すすぎ残しでトラブルになるケースがあります。

 

シャンプーやトリートメントが不必要に頭皮や髪の毛に残ってしまっていると

 

毛穴に詰まる事もあるので要注意です。

 

 

 

特に、見逃してしまいがちな襟足、耳回りなどはしっかりと落としておきたい所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴