シャンプー おすすめ

シャンプーで洗い過ぎが駄目な理由

スキンケアに詳しい方はご存じかもしれませんが、洗顔は実は「洗い過ぎは良くありません」。

 

確かに、顔には皮脂の汚れが溜まりますので、界面活性剤の入った洗顔料で洗顔をして

 

きれいサッパリ落としてあげる必要があります。

 

 

 

 

シャンプーと洗顔の共通点とは?

 

 

しかし、洗顔をし過ぎぎるとどうなるか?

 

バリア機能を破壊して、肌は逆に乾燥しやすくなります。

 

また、これを機に肌荒れや敏感肌の症状を生んでいきます。

 

 

 

 

これは、肌の皮脂が水分の蒸発や外部からの刺激から守るバリア機能を果たしているからなのです。

 

これって、シャンプーにも共通する事です。

 

 

頭皮も皮膚の一つで、皮脂を分泌しています。

 

だから、界面活性剤の入ったシャンプーで油汚れを落とす必要があるのです。

 

 

 

シャンプーは繊細に

 

 

 

だから、洗顔とシャンプーって実は同じ事なのです。

 

考えてみると至極当たり前の事なのですね。

 

 

 

よって、シャンプーのし過ぎなど過剰な洗髪は

 

髪や頭皮に決して良い結果を生みません。

 

 

 

 

しかし時として私達は、この頭皮を洗うという事に関しては

 

顔のお肌を洗う洗顔程、大切にしていない事が往々としてあります。

 

 

 

 

しかしながら、お肌を大切にすると同様にシャンプーなどのヘアケアも

 

実は同じくらいの繊細さが必要とされる事を覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

関連ページ

シャンプーにおけるシリコンの役割とデメリットは?
管理人がオススメする頭皮や髪の毛に優しい オススメのノンシリコンシャンプーです。 シャンプーについて解析して紹介しています。
シャンプーと界面活性の役割
管理人がオススメする頭皮や髪の毛に優しい オススメのノンシリコンシャンプーです。 シャンプーについて解析して紹介しています。