シャンプー おすすめ

シャンプーになぜ界面活性剤は入っているのか?

毎日、人はシャンプーをやるわけですが、これってなんで?って疑問に思う事がありますね。
これは、界面活性剤と深い関係があります。
日常生活の生活の中 髪の毛と頭皮にには大きく分けて二つの汚れが付着しています。

 

 

■ 埃など水に溶ける汚れ

 

■ 頭皮の皮脂やスタイリング剤の油の汚れ

 

 

シャンプーの界面活性剤はは油汚れを浮かす役目

 

 

このうち、ホコリなどの汚れは水で落ちますが油汚れは水では落ちません。

 

これは、食器洗いを想像してみると分り易いかもしれません。

 

 

食器の油汚れは、水では落ちないので、界面活性剤の入った洗剤で洗います。

 

 

これと同じでシャンプーにも界面活性剤が油汚れを落とす用途で入っています。

 

 

 

シャンプーの界面活性剤の性質について

 

 

 

シャンプーの界面活性剤は、油汚れを包み込み表面を親水性に変化させて

 

油汚れを浮かせて落とします。

 

 

本来は水では落とせないはずの油汚れが落とせるのは

 

「界面活性剤」があってこそなのです。

 

 

 

シャンプーのぜ界面活性剤の注意点について

 

 

 

先程、洗剤の例をだしましたが、お皿洗いを重ねると手が荒れる様に

 

界面活性剤も種類や相性によって、肌荒れや乾燥の原因となります。

 

 

 

ですので、頭皮の性質や状態によって、適切な界面活性剤の種類の

 

シャンプーを選ぶことが重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

シャンプーにおけるシリコンの役割とデメリットは?
管理人がオススメする頭皮や髪の毛に優しい オススメのノンシリコンシャンプーです。 シャンプーについて解析して紹介しています。
シャンプーは洗顔と同じ
管理人がオススメする頭皮や髪の毛に優しい オススメのノンシリコンシャンプーです。 シャンプーについて解析して紹介しています。